こころ いろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹林のむこうに

<<   作成日時 : 2017/03/10 20:31   >>

ナイス ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 8

画像



               雨がポツポツ落ちてきたので、竹藪に避難しました。

                      竹林の向こうに桃源郷です。


画像


                竹林をバックに、花弁が舞わないかと期待したのですが

                まだお花がしっかりしていました。

画像
    



画像
 


                死後離婚ってのが有るようです。

                生き残ってるほうが手続きするとできるんだそうです。

                

                相方の親類姉妹兄弟と縁が切れて、年金はそのまま受給できて

                いいとこどりです。   そんな手があったのです。

                うかうか死んでいられません。供養もしてもらえません。

                同じお墓に入りたくないと言うだけなら、そこまでしなくてもと思いますが・・・


                


 


                         

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 57
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いいね〜
かぐや姫が出てきそうな雰囲気だわあ。
師匠が喜びそうな写真だわ。
うらしまおばさん
2017/03/10 22:22
うらしまおばさん様
おはようございます。ここは毎年訪れますが、竹藪からは同じような写真になります。竹藪と梅の木だけを写す範囲が意外と少なくて、屋根や看板や杭を避けるからです。昨年もどんなだったかと見たら、師匠のコメントが有りました、ご病気でなければいいんだけどね。
paarubi
2017/03/11 06:57
淡く綺麗なピンクがそこに見えて、竹林効果絶大。
コントラストのギャップに魅せられます。
それと裏腹にシビアな話・・・仲良し夫婦のくせに〜
pass子
2017/03/11 10:20
pass子様
こんにちは、今日あたりは、お花見の人が多い事でしょうね。
竹林越しの梅なんて、日本的で風情が有ります。
仲良し?でもないけど・・・悪いわけでもなく・・・
でもね、お互い生きてるうちに決着を付けることだと思って、
相手がこの世に居なくなってから、することではないと。
paarubi
2017/03/11 12:11
竹林の向こうに 素晴らしい写真ですねー 一転して死後離婚の話 番組私も見ましたー 核家族でこれから増えていくのかなー 寂しいものがありますね。
ゴン太
2017/03/13 12:15
ゴン太様
こんにちは、この景色は好きなのでいつも写してしまいます。
相手が亡くなってからでは、一方的過ぎて背筋の寒くなるような話です。
paarubi
2017/03/14 12:33
 死後離婚、旦那さんは実家のお墓に入った後ですから、その親族が供養してくれるから大丈夫ですよ〜。それに死んじゃったら何にも分からないだろうし、供養は生きている人のためにするものでしょうから。
 死後離婚したら嫁さんの生活方が不安定になることがほとんどですが、それでも旦那さんの親族と縁を切りたい、ということだろうと思います。日本の法律は「嫁」に対して不平等な気がします〜。
Nyanta
2017/03/16 06:36
Nyanta様
こんにちは、根本は、親族と無縁になりたいのが理由だと思います。
私は、両親にも主人の両親にも感謝してるので、供養のあり方は、違った考えが有ります。かと言って問題がないわけではないし・・・
Nyantaさんには、を送ります。
paarubi
2017/03/16 16:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹林のむこうに こころ いろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる