こころ いろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 山崎川

<<   作成日時 : 2017/04/17 10:29   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



                先週月曜の鶴舞公園の続きは、 山崎川にも行ってみようとなって・・・

                満開でした〜

画像



               ここも、お花見スポットなので、TV中継が有ると

               この木の橋が映ります。


画像





画像



               後ろから、乳母車の音と、可愛い声が聞こえてきました。

画像          画像


 
               私は、この近くの小学校なので、低学年のころは、

               図画や体育の時間は、お花見でした。

               柵などなくて、緋もうせんの屋台が並んでいました。

               中学は、桜並木の下を通って通学していました。

               そのころは、毎年春になると咲く・・・身近な花の樹。
               花の時期は一時で・・・その後の毛虫が〜恐ろしい並木道でした。


               歳を重ねると、桜を見て想う事は、少し変わってきますね・・・

               一緒にお花見した人が、もういなかったりすると、しんみりしちゃいます。

               
画像



画像           画像



                       菜の花の香りが〜上がってきます。

画像


                        今頃は散って、花筏でしょうね。

                     今日は午後から傘マーク、明日も雨です。


画像            画像


              何時もは、実家のお墓の寺のある、運動場近辺から写すのですが

              車で出かけたおかげで、

              同じ川ですが、違った景色に出会えました。


              桜が咲いてから、雨が多かったんですが、風が穏やかだったのか

              お花がながく持ったように思えます。


              帰りに、学生服の男の子を見ました。詰襟の学生服が大きくてまだ可愛い 

              「一年生だね」 後から来たセーラー服も白線が眩しく新入生だ!

              直ぐ背丈が伸びるからと、一回りも二回りも大きな制服を着させられたものでした。

              自分たちの時と、子供達の入学の頃と・・・思い出しました。

              
              

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
サクラの淡いピンクと菜の花の黄色、素敵な組み合わせですね、まさに春本番の空気感が伝わってきます。

ところで「鶴舞」の読みですがJRの駅は「つるまい」公園は「つるま」と云っているようですが、地元の方は何と呼んでいるのでしょうか。
woosan
2017/04/18 01:34
woosan様
おはようございます。
昨夜は嵐のような風雨で、桜もいっぺんに葉桜に変わってしまいました。
そして、雨が上がったら、蒸し暑いです。
鶴舞公園は、つるま公園と言う方が多いと思います。
JRと地下鉄の駅は、つるまいとなっています。
名古屋で一番古い公園で、万博の様な博覧会が開かれて、噴水と音楽堂が出きたと聞きました。
paarubi
2017/04/18 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
山崎川 こころ いろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる